KOSEKI

コセキ株式会社 プロモーションサービス営業部

AudioVisualRentals
HOME 業務案内 レンタル機材価格表 お申込み手順 お問い合わせ Q&A

Q&A

 
Q1
ANSIルーメンについて
A1

ANSIルーメンの基礎知識を参照下さい。≫こちら


Q2
パソコンの画像がプロジェクターに出ない
A2

ノートパソコンによっては接続後に映像の主力先の設定を切り替える必要があるものがあります。

出力切替の一例
NEC Fn + F3
Panasonic Fn + F3
東芝 Fn + F5
IBM Fn + F7
SONY Fn + F7
富士通 Fn + F10
Macintosh コンピュータを再起動後、コントロールパネルの
モニター&サウンドでミラーリングの設定をする

詳しくは各コンピュータの説明書をご覧下さい。

Q3
パソコンでの動画再生時、プロジェクター側で画面が黒くなってしまう
A3

パソコンのハードウェアの関係で動画再生時、プロジェクター側では動画が表れないことがあります。
この場合Q2の映像の出力先の切替設定でプロジェクター側に切り替えて下さい。(このときパソコンの画面には何も出ていない状態)


Q4
スクリーンサイズに関して
A4

会場の形状等により変わってくるので一概には答えられませんが収容人数が100名前後である場合は120吋、200人前後であれば200吋、それ以上の人数であれば250、300吋をお勧めいたします。


Q5
プロジェクターの選定と知りたい事項
A5

いろいろな要素がかかわってくるため一概には答えられませんが、最低知りたい条件として

  • スクリーンサイズ
  • 会場レイアウト(映写位置により必要なレンズが変わります)
  • 映像使用時の会場内で必要な明るさ(メモが取れる程度、遮光は難しい・・・)
  • 投影映像の重要度(クオリティー重視、視認できる状態・・・)

Q6
消費電力は?
A6
中型のプロジェクターであれば一般の平行壁コンセント(100V-15A)で十分です。(その他周辺機器などは別回線から電気を取るようにした場合です。)大型のプロジェクターについては200Vが必要なものもございますので弊社へご確認下さい 。

Q7
ビデオもPCも両方使いたい
A7
基本的には弊社在庫のプロジェクターはビデオ、アナログRGBの信号に対応しておりますのでプロジェクターの入力切替で対応することは可能ですが、内容・システムによってはスイッチャ-やその他周辺機器の追加をお勧めすることもございます。

Q8
その他
A8
その他、お知りになりたい事がございましたら弊社スタッフにお尋ね下さい。

<ANSIルーメンの算出方法>

ANSIルーメンの算出方法

Copyright © 2009 KOSEKI, Inc. All rights reserved.