コセキ株式会社

コンサルティング

漏洩線量測定のご案内 安全・安心のために…

患者様や使用者の安全を確保するためにエックス線室の漏洩線量測定を適切に実施されていますか?

漏洩線量測定とは

エックス線室から漏れ出す線量を、放射線測定器(サーベイメータ)を用いて測定することを言います。

漏洩線量測定の意義

漏洩線量の測定は医療法施行規則(第30条の22)・電離放射線障害防止規則(第7章 第54条)などの法律により年2回(6ヶ月を超えない期間)の測定を行ないその結果に関する記録を5年間保存することが定められております。

近年、医療監視も強まる傾向にあります。また地域社会でも被ばく線量に対する関心が高まってきており、安全で信頼される施設運営が求められております。こうした事から定期的に正しく測定を行なう事で安全・信頼性を確保するための一役となります。

当社ではエックス線漏洩線量測定業務を行っております。漏洩線量測定は当社をご利用下さい。

作業内容

1) 測定図面の作成

初回測定前に放射線使用施設の図面を元に測定図面を作成します。

2) 漏洩線量の測定

サーベイメーター、水ファントームを用いて測定を実施します。

3) 測定結果報告書の作成

測定後結果報告書を作成提出いたしますので5年間保管して下さい。

エックス線漏洩線量測定標準料金や詳しい内容についてはお問合せ下さい。

まずは、お気軽にご相談下さい

お電話でのお問合せは 022(272)2350 [受付時間]9:00-17:30(月-金)
メールでのお問合せは お問合せフォームへ

閉じる

ページの先頭へ

コセキ株式会社
TEL 022(272)2211 / FAX 022(272)2222
〒981-0914 宮城県仙台市青葉区堤通雨宮町2番26号

Copyright © 2009 KOSEKI, Inc. All rights reserved.