KOSEKI

▼製品案内
products

  1. TOP
  2. 製品案内

製品紹介

コセキの放射線治療情報システム
「KRatis」

コセキの放射線治療情報システム「KRatis」(KOSEKI Radiation Therapy RIS)は、患者さまのために、放射線治療専門医の視点から創りこまれた新しいシステムです。
他科から始まる放射線治療を部門内で統合管理できる新しいワークフローの提案や、重複入力の軽減にこだわったシステム連携と、放射線治療のさらなる発展とともに進化し続けるユーザーインタフェースを備えております。

ワークフローチェック機能

他の診療科から発生した治療依頼オーダーを受けてから照射に至るまでのルーチン作業に適応(PSV※搭載)し、治療計画における進捗状況を放射線治療医が一目でリアルタイムに確認できます。
※ PSV=Patient Status View

※イメージをクリックすることで、拡大の画像が閲覧できます。

電子カルテ/オーダリング/各装置との連携インターフェース

他システムから取得する情報の質と量の向上を目指した放射線治療専用インタフェースを搭載することで、システム間の患者情報の整合性が保たれるとともに、被ばく線量などを電子的に管理することが可能になっております。

※イメージをクリックすることで、拡大の画像が閲覧できます。

主な機能
  • 患者情報管理機能
  • 放射線治療依頼受付機能
  • 治療依頼への返事送信機能
  • 放射線治療患者一覧表示機能(ワークリスト)
  • 放射線治療計画進行状況管理機能(※PSV)
  • 放射線治療計画情報管理
  • 放射線治療照射パラメータ記録機能
  • 放射線治療コース / プラン管理
  • 放射線治療スケジュール管理
  • 放射線治療オーダー発行 / 実施管理機能
  • 位置照合オーダー発行 / 実施管理機能
  • 計画CT画像撮影オーダー発行 / 実施管理機能
  • 治療状況詳細配信機能
  • 経過観察管理機能
  • 症例データベース検索/出力機能

(※ PSV=Patient Status View)

各種出力対応帳票
【業務用帳票及び統計管理票】
  • 照射スケジュール表
  • 放射線治療個人票
  • 放射線治療の説明書兼同意書
  • 放射線治療件数
  • 会計情報報告書
【業務用帳票及び統計管理票】
  • 技師法 照射録各種
  • 医療法 照射録各種
  • 障防法 使用記録簿
【JASTRO関係提出データ】
  • 定期構造調査
  • 症例登録用CSVデータ出力
導入実績
KRatis【放射線治療RIS】

13病院稼働中
秋田県 1件  岩手県 2件  宮城県 5件 山形県 3件 福島県 1件 千葉県 1件

コセキのワークリストサーバー
「K-MWM」

  • HIS/RIS のオーダー情報(患者情報)を取り入れ、 DICOM MWM ( Modality Worklist Management Service Class )として検査装置(モダリティ)に提供したり、データベースと連動して一連の検査情報をトータルに管理することができます。
  • K-MWM を導入する事により、検査装置(モダリティ)使用時の「手作業による入力」をなくし、迅速で間違いのないシステム化が実現できます。
  • マルチモダリティ対応、柔軟な外部インターフェイス。
  • 受診項目、返信項目は HIS 、電子カルテ側の仕様に依存します。検索キーの項目、組み合わせ、追加などはカスタマイズができます。
検査撮影に関する患者情報連携の流れ
  • HISにて患者登録時、またはオーダー発行時にMWMサーバーに属性情報が送られてくる
  • 実際の撮影時にモダリティ側で「検査リスト更新」 ボタンを押すとMWMサーバーから患者データがモダリティに配信される
  • モダリティーで検査撮影を実施する
導入のメリット
  • 検査装置へのオーダ情報の受け渡しが可能となります。
  • 患者様情報の入力ミスを防止することが可能となります。
  • 入力時間の短縮を図ることが可能となります。
  • 電子カルテシステムと連携することで、受付された患者様の情報連携が可能となります。また、検査情報のマスタを各種装置側と統一することで、患者様の基本情報だけでなく検査情報の連携も可能となります。
  • DICOM手順での情報連携を行うことで、将来のモダリティ追加にも対応が可能となります。
    (検査装置が、DICOM MWMに対応していることが条件となります。)